のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

お別れ

私もこうちゃんも 子どものころから可愛がって頂いたお隣のおばちゃんが



おとつい亡くなられました。



今日が 葬儀でお別れしてきました。



隣ですが、親戚のようなおつきあいで 本当にいろいろとお世話になりました。



 



 



家族が一番だけど、でも家族より好きかもという懐き方のこうちゃん



いつもおばちゃんがお庭に出ている気配を感じると



すぐにお庭からジーっとストーカーのごとく黙って見つめ



気づいてもらったら、ココ ココ と言わんばかりに



いつもなでなでしてもらえる境界の柵のところへ走って行ってました。



 



今日は朝から小春日和



こんな日には、いつもおばちゃんがお庭に出ていたからでしょうか



こうちゃんは ずっとテラスから隣の方向を見つめてました



 



でもね、こうちゃん



おばちゃん もう帰ってこないんだよ。



さみしいねぇ さみしすぎるねぇ



車で病院に送って行った時、



2週間の入院予定だから



退院したら一緒に○村屋にご飯食べに行こうね、って約束したのに。



 





 



 



こうちゃんの気持ちは、私の気持ちだったんだなぁ、って気づきました。



家族のような存在でした。



電気がついていない時には、どうしたんだろう、って心配もしたよな



気配を感じるとホッとしたよな、って。



 



今日、お家に帰って来られたので、



お嫁さんに 



お家にこうちゃんとお参りに行かせてほしいとお願いしときました。



おばちゃん、ありがとう



 こないだ、こうちゃんの散歩の時にしていって、と下さった手袋



 大切に使うからね。



 





スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply