のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

梅酵素 2013

2年ぶりに梅の酵素を作りました
 


今回は、強力な助っ人「梅割り器」を使用。




こりゃ~便利です。


   ちゃんと乾かさないとカビるのだけが困りもの
 
 
 


梅の酵素といっても 他にもいろいろと入れるんですけど


たくさん入った方がいいとされており。
以前 秋の酵素を教えて頂いた時に




自分の住んでいるまわりにあるものがいいと聞いたと記憶しております。
それは やはり地元で獲れたものって意味かな、と理解しているのですが。。。
(外国でなければいいのかしら。)
 


なのでJAのお店でいろいろと調達
ホントはパイナップルとか入れてみたかったけど、


さすがにこの辺りでパイナップルは獲れないしな~と あきらめ。


 
 




まずは、もちろんの主役の「梅」


汚くてもいいんです。酵素をとるんですから。


そして 和歌山のキウィやら広島のレモン・地元の夏ミカン・トマト・庭のゆすらうめ


ミントの葉っぱやら三つ葉の葉っぱ・シソの葉っぱ・ブルーベリーのまだ青い実やらも入れてしまいました。


で、自分の地域とは離れてるけど、熊本のスイカも少々。


そして 酵素仲間の(笑)meguさんが入れてるとおっしゃってたのでインゲンも。


それを 年代物の酵素をちょいと入れたお水にしばらくつけてから。


いざ、ザクザクと切ります。


種も皮も 全部いれて。ひたすらザクザク。

              Dscn1009

上に発酵助成を入れているので


ちょっと見栄えがイマイチですけど。


 


お昼前に漬けて、今すでにプクプクと酵素ががんばって発酵しております。


おいしくなるといいな~




今回は 作りたいと言っていたお友達と酵素液などをシェアするので、5キロだけ。


 
明日からかき混ぜ作業に入りま~す


 


 
 
 
そうそう


酵素だけでなく、昨日は梅酒も漬けこみました。


漬けると梅酒自体が赤くなる梅です。見てるだけでかわいぃですよ。




こちらは、1㌔買って、500だけ レモンと一緒に漬けてみました。


レモンが勝つのかも。だって、おいしいのであれば、きっと普及してるはずだもんね。




残り500は普通に梅だけで漬けてみましたけど。


さて、どんなお味になるのでしょうかね。


 
 
昼間は暑いのに、家の中や、晩は涼しい日が続きます。


変な天候


しかし、外に出ない限りは過ごしやすいですね


 




 








スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply