のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

ひさしぶりにやってきた厄介なヤツ

ヤツがやってきた



そいつとは11年前からの付き合いだけどココ数年間はご無沙汰だったのに。。。





突然ヤツはやってきた





     あ、言っておきますが、未来ちゃんではございませんよ。みぃちゃんは厄介なやつではないので。



 





それは「膀胱炎」



こう太3歳のころからの長い付き合いで



以前も 薬が効かない耐性の緑膿菌に苦しめられたのでございます。







今回は、水曜日に突然、1時間前にしっこしたにも関わらず「しっこに出たい」と言われ



なんだかおかしぃぞ、と心配しつつアタシは会社へ。



気になって 家に電話したものの パパは「別に変りはないけど。大丈夫」と。





しかーし、帰宅後元気ないこうちゃんの姿が。
  
  
  





ママに聞くと、夕方お庭でしっこして おうちに入る時に拭いてたら



あれ、血尿!!!



ってことで心配で 獣医さんに電話したら



「そんな心配ないでしょう。明日午前中に連れてきて」と言われたと。





そやろ。



そやろ。



いつもと違ったもん。 もぉパパの観察力 アテにならん





 



病院でレントゲン撮って、膀胱にカテーテル入れてしっこも採って調べてもらったら



石はできていなくて 結晶のキラキラもないので



膀胱炎だと。



しかし、彼の膀胱炎はいつも耐性の菌と戦うことになるんだわな。



でもって、薬で一番効きそうなものは3日くらい飲んだら吐き気をもよおしたりするという



やっかいさ。





 



薬だけに頼らないよう、いろいろと対策を練るアタクシでございます。



さっそく ハーブもポチっとしたし 車いすについても相談しようと思ってます。



車椅子のフィット感(こうちゃんに対するもの)も関係するような気がするので。





 



諭吉Sがどんどん出ていくのも含め、いろいろと大変ですけど



かわいぃこうちゃんのため、止むをえません。



 







 





病気であろうと、高齢であろうと、世話が大変であろうと



一緒に最後まで家族として過ごす。



そのためには広い意味での環境(飼い主の年齢・住宅・しつけ・飼い主の心構えなど)は非常に大切で



それは飼う前から 準備や確認が必要。







もし、動物を飼っていなくって 今から飼いたいとおもっていらっしゃる方がいらっしゃったら



飼い主としての責任や1人間・1社会人としてのモラル、法律



色々とよく考えてから飼ってくださいね。



 



と、考えることがあり 熱く語ってしまいました。

スポンサーサイト

Comments 4

リックママ

No title

こうちゃんは、帰ってから大丈夫だったでしょうか?
ちょっとプルプルしてたの、心配でした。
今日も、こうちゃんの、ま~ったりに癒されました。
ありがとう。

膀胱炎、早く治るといいね。

2014-02-02 (Sun) 00:08 | EDIT | REPLY |   

MIWA

No title

こうちゃんが「膀胱炎」なんやぁ~。

そんな長い付き合いだとは[E:down]

ぷいちゃんの更新が全然ないんで

私もなりやすいしで、あれ?って思った(笑)

でも、笑い事じゃあかんよねぇ・・・。

あれはなった人(犬)しかわからない

痛みなんですもん><

しつこい膀胱炎はこまりもんやねぇ・・・。

こうチャン頑張って治してね[E:good]

2014-02-02 (Sun) 01:05 | EDIT | REPLY |   

ぷい

No title

☆リックママ☆
年寄りなのでプルプルかなぁ。
しかし、今日は暑いってはぁはぁ言ってました。
体温調節むつかしいのがお年寄りでございます。
膀胱炎の心配、ありがとうございます。早く良くなって
嫌な検査とかはうけなくていいよーにしてあげたいです。
ジョージョー出しますよ~

2014-02-02 (Sun) 23:50 | EDIT | REPLY |   

ぷい

No title

☆MIWA☆
ホンマしつこい膀胱炎は辛いやろね。
疲れとかストレスとか抵抗力とかいろいろと作用するんやろな。
MIWAもこうちゃんも再発なきよう、まいりましょー[E:rock]

2014-02-02 (Sun) 23:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply