のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

名前をつける

さて、
名前
まぁ、すでに決めてから会いに行ったのですが(^_^;)

人間の子どもも悩みますよね。
犬の名前だって 悩みます。

我が家の代々の犬たち
その1  エル・・・人から譲りうけた成犬のダルメシアン もともとの名前がゲルだったんだけど
           ゲルってなぁ・・・かわいくない。
           てことで 犬が違いを感じないようにと家族が話して
           (その時の知識はこんな感じだった)似たような音でエルに。
           あたくし 小学生だったので大型犬に慣れず、
           学校から帰ってきて門扉を開けたらこちらに走ってきたので
           逃げたら親に叱られると思い、自分はまだ入らないまま
           あわてて門をしめた・・・
           ら友達も門の中に、つまり犬のいるところに閉じ込めてしまったことが。
           今もそのコはそのことを覚えております(ご ごめんね おっかん)

その2  エル・・・知り合いの知り合いのお宅で生まれたダルメシアン
           美男ダルで 本当に性格もよいコ
           ダルメシアンだし 一緒でいいや、的な(笑) でエルに。
           エルよりキレイな顔のダルはかつて見たことがありません!!!

その3  もぐ・・・姉が勤務先で拾った捨て犬の子犬 ミックス・・・昔でいう雑種。
          まだ生まれてそんなに経っていなかったようで
          靴の箱に入れて連れて帰ってきたコ。
          もぐらのようだったために。もぐ。
          このコは、一番頭がよかったかも。ほかの犬がダメだったけど          
          自発行動で動けるコだったから
          家族にとっては本当に飼いやすいイイコでした。
          社会化できていたら、さらにもっと飼いやすかったし
          もぐも暮らしやすかったはず。
          家ん中9割、寝る時と留守番だけ外の犬小屋で過ごした
          初めての室内犬。(老後は100%室内犬)

その4  こう太・・・初のショップから購入した犬
           よくあるコーギーの総称で こうちゃん
           マルチーズはまるちゃんみたいな、ね。
           男の子だし、太をつけて こう太。
           名(太)は体を表してました 
           あっ、ヤ ヤバい
           言わずとしれた 今でも大切すぎる相棒
           マイペースでちっこいとがった△お耳
           コーギーらしからぬ落ち着いたコーギー 
           芸をいっぱい覚えて介助犬的役割もしてくれました。
           アタシにとって、人生で忘れられない大事な相棒

そして 5番目が ころん
          アタシの屋号が kokoroんで。
          先のkoはこうちゃんとして
          で アタシの人生最後の犬になるであろうし 
          ひらがなの最後 ん もついてるから
          ってことで。ころんにしました。
          名は体を表さなくていいからねー。ころん。

ブリーダーさんには 血統名もつけさせていただきまして 犬舎名のあと、
          KORON MY PLEASURE  にしました。

悩んで悩んで、もーいーや、えぇいっ みたいにつけたことは ころんにはナイショで。


 

 
1か月ちょいで こんなにおっきくなってます。

2月にうちに来るころには もっとおっきくなってるんだよね。

誰がなんと言おうと、私はこうちゃんと学んだ生活の仕方をベースにしながら
ころんのこと 犬として きちんと正しく理解してあげて
今の自分たちのライフスタイルに合わせて
共に楽しく暮らせるように(犬を飼う上でココが一番大事) 頑張っていきたいと思っております。


ちなみに これからも擬人化して文章を書くことがありますが
決して本気で書いている訳ではないので。
そのあたりは 暖かい目で見てくださいね。

IMG_3176.jpg


ころんは こうちゃんがいなかったらつながらなかった縁なので
こうちゃんのおかげ でもあります。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply