のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

山のおうち便り①

hkjsh0022.jpg
今日から長野のお家に来ています。
長野のお家は お庭が広いし、芝生なので こう太走り放題。とーっても喜んでおりました。
さて、晩に皆は車で3分という近所のフランス料理屋にいったので、その間こう太は留守番でした。
えっ 歩いていける距離じゃないかって?
そう、歩いて5~6分の所にフランス料理屋「パリジェンヌ」はございます。
しかぁし、田舎を侮ってはいけない。周りは田んぼと畑に囲まれた場所。街灯なんてございません。真っ暗闇の道でございます。ってことで、車ででかけた訳です。
こう太は、お土産にこっそりもって帰ってきたパンをもらい、ご機嫌です。

今日は とりあえず信州の家に行くってのがメインで どこにも寄り道しませんでした。
親戚の家には寄ったけど、最近拾って来た怖がりの柴犬メリーちゃんには警戒を解いてもらえなかったのが残念。子どもが特に怖いらしく、きっと野良犬時代に 子どもに対して良い印象・経験がないんだろうな。
しかし、田舎の犬は全体的に 飼い方が違います。たいてい外犬。玄関のドアノブにリードくくりつけて飼われてたりもする。
ご飯も与えっぱなし。道には町役場の注意書きむなしく、放し飼いうんちだらけ。
所変われば 犬文化も変わる。ただ、飽きたからと犬を捨てたりする人は少ないんじゃないのかなぁ。

こう太は、やはり『神戸から来たお坊ちゃん犬』って感じ。都会の子。よくも悪くもね。
スポンサーサイト

Comments 3

ガー子

No title

のほほ~んとのんび~りと山のお家を楽しんでいる様子がこうちゃんの笑顔で伝わってきます。
お山のフレンチぃ~味わってみた~い( ̄~; ̄)

2005-09-26 (Mon) 20:47 | EDIT | REPLY |   

aru

No title

そうですよねえ。
田舎の方でも、特に年配の方は飼い方が違いますよね。
ウチも微妙な地域なんで、たまにオカシイなあと思う飼い主がいますが・・・。
でも、そんな人に言わせれば「昔はこれが当たり前だった」なんでしょうねえ。

2005-09-26 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

ぷい

No title

ガー子ちゃん★みんな一緒というのが 一番嬉しいみたいだね。田舎だから、お肉もお魚もついたコースがナント3150円。グラスワインも600円だったかな。一度一緒に行こうね♪

aruちゃん★うん、うちの親戚なんかパンやさんだから、パンの耳が犬のご飯。これってどう?でも、そう。これが当たり前なんだよね。これが当たり前の人から見たら私たちがおかしいのかも知れないしね。犬の飼い方って地域によっては広めるのが結構難しいわ。

2005-09-26 (Mon) 23:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply