のほほ~んわんこ

ARTICLE PAGE

ハトポッポ

今日は犬ではなく鳩の話を。



昨日仕事場で、学生さんが「こんなん拾ったんですけど、どうしたらいいですか?」と



事務所に訪ねてきて。



見ると、その子の腕には鳩が。



「どうやら羽を怪我して飛べないみたいで、獣医さんに連れて行こうとしたら閉まってた」と。



う~ん、自然の中で生きられない鳩は死んでしまうんだろうけど、この女の子の気持ちは大切にしてあげたいわよね。



で、考えた挙句、近所の動物の専門学校に 若い女の子を装って電話してみました。



「あのぉぅ~、怪我して飛べない鳩をぅ 保護したんですけどぉ。獣医さん閉まっててぇ。どうしたらいいか困ってて」と尋ねたところ、親切に考えてくださったんだけど「常駐獣医さんが帰ったので連れて来てもらっても診てあげられないんです」と断られ。



やむなく、ダンボールに新聞切り刻んで入れて、食堂で余ったパンを分けてもらい 箱に入れてみたら、パンを食べる力もなく。紙コップを切って水も入れてみたけど飲む力もなく



あぁ、この子の命もここまでかなぁ。。。と思い帰り、今日の朝。



恐る恐る箱を覗くとお食事中の鳩の姿!!!



元気になってるじゃん。しかし、まだ飛べない様子。



部長が覗きに行ったら一度飛んだのだけどすぐに落下。ダメかぁ。。。



と思っていたのです。



ところが、その後、鳩を保護した女の子が心配そうに箱を覗いた数秒後!!



鳩は、低いながらも飛んで行ったのです。直前まで飛べなかったのに、なぜそんなに飛べたの?と不思議なほど。



鳩も恩人ってわかるのかしら?御礼を言ってから飛び立ったのかなぁ、と事務所で皆と話しました。



非現実的?な理解ですが、それでも私達の心も明るく1日過ごせた気がします。





スポンサーサイト

Comments 2

テツママ

No title

ギャハハ~~~ッ!!!
「若い女の子を装って」という部分に線が引いてあって、妙に目立つのよね~。
ぷいちゃん、そんなに正直にならなくてもいいのにぃ~(笑)
鳩さん、元気になって良かったね。きっと皆さんの気持ちが通じたのでしょう。


テツへのお祝いメッセージありがとうね。
こうちゃんの前足の調子はいかがですか?
テツはね、最近痩せたにもかかわらず、後ろ足の振るえがとまりません。
獣医さんでも、よくわからないとのこと。徹底的に調べるなら全身麻酔で・・・と言われ、やめました。
今は関節のサプリメントを与えているんだけどね。

2006-04-19 (Wed) 16:30 | EDIT | REPLY |   

ぷい

No title

テツママ☆気持ちは若いのよ!といいたいけれど、若い子を見てると「おばば心」が増大しますわよん。挨拶できない子も多いしねぇ。ふぅ~っ
テツちゃん、早いですよねぇ。8才かぁ。震えはなんでしょうね?全身でなく足だけなんですよね?そう、検査や手術ではなく全身麻酔が心配ですもんね。今は数値はいいんですよね?人間みたいに脂肪が減って寒さに弱くなったしかならいいのにね。サプリウコンやダンデライオンってのもいいらしいですよ。うちはご飯に入れる魚を炊くときに生姜を混ぜてます。
そそ、こう太の足は早足だと出ますけど、普通にあるく分には大丈夫みたいです( ̄∀ ̄)でも、こちらも理由わからず心配です

2006-04-20 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply